社員研修を成功させるうえでやっておくべきことは?


新入社員研修はマナーや会社のルールを学べるように

社員研修を成功させるには、計画段階から研修を受ける人の年齢や職種、役職などを考慮して、なるべく日々の仕事上で役立つテーマを取り入れるよう心がける必要があります。例えば、新入社員を対象とした研修を行う場合には、参加者が取引先や顧客との挨拶や名刺の渡し方、電話応対の仕方といった基本的なビジネスマナーを学べる機会を設けることが重要となります。そのため、社内で講師役を選ぶだけでなく、必要に応じてマナー講師の経験が豊富な人材を外部から登用するのもおすすめです。また、就業規則に関して一人ひとりの社員が理解できるようにするには、人事担当者や社会保険労務士などの専門家がフォローを行うのも有効です。

中途採用社員に対しては能力をさらに高められる研修を

中途採用を積極的に行うにあたっては、採用後にそれぞれの社員が部署で力を発揮してもらえるよう、過去の経歴や能力、資格などに合った研修計画を立てることが重要となります。特に、営業や経理、事務など特定の職種のキャリアが豊富な中途採用者に対しては、研修を通じて資格や免許の取得に向けたサポートを行ったり、参加者同士のグループワークやプレゼンなどを取り入れたりすることが大事です。また、管理職候補に対しては特定の分野の知識や技術だけでなく、部下のコーチングやマネジメント、メンタルヘルス対策まで学べる研修を取り入れるのも良いでしょう。その他、研修を行う前にそれぞれの中途採用者に希望の研修の形態や方法、期間についてアンケートを取るのもおすすめです。

社員教育は、新入社員に社会人としての意識を持たせたり、仕事に必要な技術を習得させたりするうえで重要です。

Posted on