使いやすさ抜群で長寿命!LED照明のメリットって?

LED照明は寿命が長くて使いやすい

LED照明は寿命が長く、電気代もお得である場合が多いです。一般的なLED照明の寿命は40000から50000時間だと言われており、1日に8時間明かりをつける生活を続けると、13年から17年ほどもつ計算になります。長い間点灯し続けるので、なかなか替えにくい場所にある照明をLEDにしたり、日頃から明かりを使うことが多いリビングやキッチンの照明をLEDにするのもおすすめです。LED照明の寿命は、買ったばかりの頃との明るさと比較して、70パーセントほどの明るさにまで低下していることで分かります。LED照明が突然点灯しなくなるケースは珍しく、明るさが低下してきた時が替え時となります。最近LED照明の明るさが落ちてきたなと感じたら、電球を交換するといいでしょう。

インテリアに凝りたい時にもぴったり

インテリアに凝りたい時も、LED照明はぴったりです。LED照明で検索すると様々なデザインのものが販売されており、数えきれないほどです。モダンな雰囲気の部屋に合わせて、クールなデザインの照明がほしいという時や、木の家具でナチュラルに揃えた部屋に合う木製の照明がほしいという時にも、探せば理想に近いLED照明を手に入れることができます。器具の小型化にもこだわって作っているメーカーもあるため、小さな照明を探している時や、照明をあまり目立たせたくないという時にもうってつけです。明るさも程よく、色もオレンジがかった電球色や青みがかった昼光色などが存在し、部屋の雰囲気に合わせてチョイスすることができます。リラックスしたい部屋には電球色を、勉強などの作業をする部屋には昼光色をつけるなど、LED照明を上手に使い分けるといいでしょう。

ledパネルとは、内照式看板ともいわれるもので、フレームの内部に配置されたledを発光させることで表面を明るくするポスターフレームです。

Posted on